ブログ

家に帰りたい

ある90歳近い一人暮らしのおばあちゃんが癌になり、私たちがご自宅へ訪問することになりました。義理の妹さんが近くに住んでいて、時々家に来られてお世話をされていました。しばらくはご機嫌で暮らしておられましたが、足が弱って家の中でふらつくようになりました。

お一人で生活するのは、転倒するリスクがあるので、危ないと言うことになり、さっそく千里ペインクリニックの上にあるケアリビングアマニカスにご入居されました。ここなら安心、すぐそばに看護師やヘルパーが常にいます。食事も出てきます。後かたづけもする必要がありません。人生の最期は、ここが理想!と言っていたおばあちゃんですが、しばらくすると、ふさぎ込むようになりました。どうしたんですか?と聞くと、「私はここで何をしているんでしょう?」と言われます。「何をって言われても・・・」「家に帰りたいです」「でも、足も弱って一人暮らしはとても危ないし、義理の妹さんに迷惑かけたくないって言われてたじゃないですか?」「ここでは何もすることがないです。家に帰りたいです。」そう言われて、何日も私たちを困らせました。結局、家に戻られることになり、また私たちはご自宅への訪問を始めました。

以前は、とても不安そうでしたが、今回はとても生き生きとうれしそうでした。日常のちょっとしたことがすべて「生きる」ことの意味だったのです。ずっと独身で一人で生きてきたおばあちゃんが選んだ道は、やっぱり一人で気楽に?日常を送ることでした。しかし、義理の妹さんは、気楽では決してなく、日々弱っていかれる病状に大変びくびくしながら、一生懸命介護されていました。弱っていかれても、点滴はせず、痛みは痛み止めを使い、次第に寝ている時間も多くなりました。

本当に最期が近くなって、苦しいと言い出されたとき、義理の妹さんはこれ以上家で見れないと言われ、再度、アマニカスに入居されることとなりました。アマニカスでは、薬を使って鎮静をしましたが、とてもすやすやと安らかに眠られ、数日後、そのまま天国に羽ばたかれました。とっても満足されたお顔だったと思います。

一生の締めくくりはいつも大変だと感じます。「自分の家で行うなにげないちょっとしたことが生きるということ」本当に心に響きました。最期までなにげなく生活でき、苦痛なくこの世を終わることができたら最高ですね。おばあちゃんの最期は、とてもすばらしい人生の最期でした。

千里ペイン 松永美佳子

ケアリビングアマニカスの事

朝夕肌寒くなってこの間まで暑かった日が嘘のようです。
皆様、体調崩されてはいませんでしょうか…

今回は、千里ペインクリニックの上にある
ケアリビングアマニカスのご紹介をさせて頂きます。

アマニカスは安心して自分らしく生活してもらえるように考え存在しています。
「医療」と「介護」が一体になってご入居される方たちを支える…
それぞれが専門職の為、融合はとても難しいのですが想いは一つ。
ここに来れば痛みが治まり、親切な看護師さんや頼りになる先生方、
一緒に寄り添えるヘルパーさんがいて、ストレス無く自宅復帰ができる。
理想は高いかもしれませんが日々努力していこうと思っています。

★    ★    ★    ★    ★

そして居住空間のアマニカスでは様々なことが行われています。

デイサービスボランティアの方達とご入居様の合同ティータイム

厨房のシェフが作った
デザートプレートを食べながらのおしゃべりに花が咲きます。
退屈な日常を病気の苦しみや痛みだけで染めてしまわないよう工夫しています。

アマニカスオープンの内覧会の時に来場下さった皆さんにも同じようなデザートを
お出ししたのですがこんなカフェがあったら・・・と喜んでくださいました。

今はこのコロナ禍でデイサービスも休止状態ですが再開した時にはこの場所でまた皆さんとお会いしたいと思っています。

時間を決めて、廊下に出てのラジオ体操や居室内に訪問してのリハビリマッサージも皆さんには好評です。

 

つい最近では関西人ならみんな大好き TA・KO・PA!

新しい生活習慣3密を避ける為、フロアのキッチンで焼いて居室へ配達でしたが
本当に皆さん美味しそうに食べて下さいました。さすがたこ焼きパワーです。
あまりの好評に第2弾、第3弾を計画中です。

たこ焼き以外にも焼きそば、お好み焼き、チヂミ・・・夢は果てしなく広がります。
こんな風に単調になりがちな毎日を少しでも刺激や楽しみの感じられる日々に塗り替える為
アマニカスケアチームは頑張ります!

 

アマニカス

アマニカスはサンスクリット語で、「平安なる場所」を意味します。

アマニカスに入居されている方は、様々な病気を抱えている方、または病気はなく普通のおじいちゃん、おばあちゃんです。癌という重症な病をお持ちの方、脳梗塞後で胃ろうを行っている方、帯状疱疹の痛みの治療で入居されている方、腰部脊柱管狭窄症の治療で入居されている方、圧迫骨折のために入居されている方、一方で、特に大きな病気はないが、ご高齢となり、施設の入居を必要とされている方など、様々です。

一般的に、老人ホームは、なるべく病気のない方を対象とします。また、病院だと、普通のおじいちゃん、おばあちゃんは対象外です。アマニカスのいいところは、なんでもありなところです。社会を見ても、様々な人がいます。病気の人も元気な人も、障害のある人もない人も、みんな一つの社会に暮らします。だからアマニカスもそうありたいと思うのです。どんな条件でも、助け合って思いやりを持ってみんなで生きていきたいという願いです。

病気になったり、高齢になると、やはりしっかりした医療や看護、介護がないと気持ちだけではうまくいきません。アマニカスでは、24時間体制で、医療、看護、介護を提供し、皆さんが安心して生活できるよう努めています。何かでお困りの方、どうぞ相談に来てください。

千里ペインクリニック院長 松永美佳子

はじめまして、デイサービスアマニカスです!

初めまして(o^―^o)ニコ
デイサービスアマニカスです。

まずはデイサービスアマニカスの自己紹介から…
うちのデイサービスは大阪モノレール「少路駅」の改札を出てから2分( ゚Д゚)‼
エスカレーターを降りながら「千里ペインクリニック」が見えます。
その地下に「デイサービス アマニカス」があります。

デイルームにはグランドピアノ、ドラムセットがありコロナ騒動になる前には定期的にジャズコンサートを行う「SENRI PAIN CLUB」として利用されていました。以前からあったその空間をクリニックの上のケアリビングにご入居されている方や痛みの治療で通院されている皆さんにデイサービスとして利用してもらおうと院長の強い想いで2019年11月から始まったデイサービスです。

デイサービスになる前からカルチャー教室としてたくさんの講師の先生方に来ていただき、痛みを堪えながら天井を見て生活するよりも少しでも生きがいや楽しみを見つけてもらおうと考え稼働させることとなりました。デイサービスというよりデイサロンの方がぴったりくる空間です。

現在コロナウィルスの影響でデイサービスは休止していますが、通常は月曜日~土曜日までレクリエーションの超充実したデイサービスなんです・・・

まず一般的なデイサービスでは…
スタッフのみんながどうしたら利用者が喜んでくれるのか?
どんな事をすれば飽きられず、尚且つ機能向上できるか?
費用があまりかからず他のデイサービスとの差別化を図れるか?等々…知恵を振り絞ってレク内容を考えています。

デイサービスアマニカスでは、月曜日は歌声サロン「さくら」をレクとしておこなっています。これは、ピアノ講師の先生が歌の本を持ってきて下さりリクエストに応えてピアノ演奏してくれみんなでそれを歌う(^^♪ クリスマスやその他のイベントにも積極的に協力して下さり楽しませて下さいます。これに参加したくてわざわざデイ利用を決めて下さった方もいらっしゃるぐらいです。

では、楽しんでもらえるデイサービスにはどうしたらいいのか?スタッフの目線や、会話の端々、そして提供するサービス。いろんな所に工夫や配慮がちりばめられています。まず大きな想いとしては私たちが考えるデイサービスは~大人の保育園~ではありません。どの方も自ら選択し、来てもらえる空間。今までの人生を振り返りホッと休息してもらえる場所。生活環境は違ってもお友達ができ、デイサービスの中だけの友情ではなく一緒に時間を共有できる友を見つけられる場所。そんな場所を作りたい。

 

そしてもう一つは痛みの治療に来られている方たちの多くは他人の痛みにも敏感です。そして痛みを理解し、共有出来る心をお持ちです。私たちはその関係性を作ることができるように橋渡しの役割をさせてもらいます。

帰った後も、また次週のデイサービスを楽しみに1週間過ごしていただけるように・・・
その努力を惜しまず皆さんに向き合っていきます。

コロナ自粛が終わり、デイサービスを再開する頃にはもう涼しくなっているでしょうか。もしかすると寒くなっているかもしれません。 が!お近くに来られた際はぜひぜひよろしくお願い致します。

次回のブログからは各曜日のレクについて。そして当デイサービスが提供させてもらっている美味しいランチについてもお話しさせて頂こうと思います、お楽しみに・・・(^_-)-☆

 

ビデオ通話で面会できます

アマニカスでは、新型コロナウィルス感染症感染防止の目的で、入居者様への面会を原則お断りしております。ご家族の皆様にはご心配をおかけしておりますが、現在の感染状況を考えますと、面会が自由に行えるようになるには、もう少し時間がかかるかと思われます。

そんな中、ご希望のご家族様には、ご来館時にタブレットを使ってビデオ通話の面会を行っています。顔を見ながらの通話はお互いに安心されるようで、入居者さまもご家族さまもとても喜ばれています。

入居中のご主人とビデオ通話のために時々来館される奥様。楽しそうな会話に続き、「大好きだよ~またね~♡」の一言でいつも通話を終えられます。すてきな仲良しご夫婦ですね。コロナが収束して自由に面会して頂ける日が早く来ることをスタッフも待ち望んでいます。

なお、ビデオ通話での面会は予約制です。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

記事はありません。

記事はありません。