ブログ

アマニカスでの初日の出

2年前のお正月。
私の母が帯状疱疹を患い、年末年始をアマニカスで過ごしました。
丁度良いことに、私も年末年始が勤務だったので、初日の出を母とともにアマニカスで拝みました。
窓から差し込む初日の出は、本当に手を合わせたくなるような、キラキラとした真っ赤な光。
母の顔は、キラキラ輝いていました。
日が昇ってからも、モノレールが通るたび、部屋に差し込む光にモノレールの影が部屋を走ります。
帯状疱疹の痛みに耐えての年末年始でしたが、思わぬ明るい日差しに、痛みを忘れる一瞬だったようです。
おかげさまで、その後、母は、痛みも残らず元気に過ごしています。
コロナ禍で、この年末年始のおでかけができませんが、もう少しの辛抱・・・

来年のお正月は、どんなお天気でしょうか。
いいお天気だといいなぁ・・・。

アマニカスでは、人として、医療・看護・介護・事務を超えて。

NHKの朝の連続テレビ小説「エール」が先日、完結しました。
今回の主人公、古関裕而の作曲魂に心を打たれました。
彼のすごいところは、敵味方なく作曲すること。
阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を作曲したかと思えば、読売巨人の応援歌も作る。
早稲田の応援歌を作れば、慶応の応援歌も作る。
その対象となるものだけを見て、作曲する姿勢に、改めて共感をもちました。

私たちの目指していることもよく似ていると思いました。
圧迫骨折の方でも、癌の末期の方でも、
通院の方でも、アマニカス入居者の方でも、
大きく見れば、病気の方でも、健康な方でも、
その人にとって、その時必要なことを、できる人ができることをお手伝いすることが、自分たちの使命ではないかと思います。
それは、医療、看護、介護、事務などの枠を超え、人として人とどう向き合っていくかを考えていくかということだと思っています。

アマニカスにケアマネが常駐する事のメリット

アマニカスのクリスマス・お正月の予定

早いものでもう師走を迎え新たな年を迎える準備に世間は追われています。

本年はコロナウイルスの拡大により、思う様な活動も出来ない、我慢の日々であったと思います。

ですが、異常気象等が猛威を振るう事が多くなり、人々が今一度今生きている地球と言う環境を見直す大切な時間を与えられている様にも思います。

何事も前向きに、時には目をそらす事も必要なのかもしれません。その先に本当の大切な事があるのかも知れませんね。

アマニカス内キッチン、リストランテペインではお節やチーズケーキの販売も開始し、しっかり時間を有効に使い日々を充実させて参りました。

2021年も、色んな事にチャレンジしながら、皆様の『幸せ』を応援して参りたいと思います。

傾聴というケア

アマニカス 内覧見学続々と・・・の中で

コロナ禍での面会について

アマニカスも冬支度 そして施設内見学開始!

がん患者様の訪問―自宅の受け皿となる「アマニカス」

私たちは16年前からこの地域のがん患者様の訪問診療を続けてきました。お世話させていただいた患者様の数は1300人以上になります。

16年前は自宅でがん患者様の看取りをすることは非常にまれでした。
なかなか自宅には帰れませんでした。麻酔科医だった私は、院内でがん患者様に関わることが度々あり、まだお元気な方が、単なる「痛み」だけのために、病院にくぎ付けになっている姿をよく見かけました。お元気と言っても、予後は数か月を予想されていた方々でしたが、家に帰れば、まだ普通に生活できそうでした。家に帰ったらどうですか?と勧めると、痛いから帰れないと言われます。ちょっと痛み止めを調節してあげればすぐ家に帰れそうなのに、本人もなかなか帰ろうとしない。不安なんですね。貴重な時間なのに・・・。あなた、もう時間がないですよと喉まで来ている言葉を飲み込んでそうですかと返事するしかありませんでした。そこには、病院の主治医も看護師もめったに来ない状況でした。病院の中の無医村だと思いました。一方、集中治療室では、80代以上のご高齢な患者様たちが、術後、人工呼吸器に乗って、24時間多くのスタッフに囲まれて治療を施されていました。なんとアンバランスなことだ。癌の末期になると、簡単な痛みでもほかっておかれ、治療となると、どんなにご高齢でも最高の医療を施されてたくさんの医療スタッフが集まる。こんな中で働いていて、私は病院を辞めて、家の側に回ることにしました。安心して自宅に帰れるように、貴重な時間をご家族と過ごせるように自宅を訪問して患者様を支えてあげようと思ったのです。

病院の外でがんの患者様を支えることは大変でした。昼も夜もなく、電話がかかってきます。急変も多いです。夜中の看取りも数知れず。一番大変だったのは、どのご家庭も核家族化しており、しかも老々介護が多かったことです。これは、その地域で異なると思いますが、大阪の北摂の千里ニュータウンと言われる街には、ご高齢者が多く、息子、娘は遠方といったケースが多いです。がんの末期になると、体調も不安定となり、寝たきりになっていきますが、介護するご家族もご高齢なため、介護破綻が起こるのです。元の病院が引き取らないことも多く、病院のホスピスへの入院はタイミングが合いにくい。私たちは、ご家族の背中を叩いて、もう少しだからがんばって!と言ったものです。そうやって、私たちスタッフとご家族は一緒になって苦労して大切な人の最期に立ち会いました。

そんな時代が7年続き、自宅の受け皿としてアマニカスが設立されました。できるだけ自宅で過ごし、しかし、介護破綻したらアマニカスに引き取って、家族も一緒に介護する。手の届くところに医師も看護師もいて、安心して家族はそばにいられる。アマニカスはそんな場所を目指して作られたのです。お部屋はご家族も泊まれるように考えて作られました。アマニカスができて、すでに9年が経ちました。たくさんのがん患者様に利用していただきました。自宅とアマニカスを何度も行ったり来たりした方もおられました。スタッフの負担も軽減しました。真夜中に車で街の中に出かけていくリスクが減りました。アマニカスでは、病院と同じように、複数のスタッフで対応できるため、手厚い医療、看護、介護も可能になりました。アマニカスができて本当によかったと思います。

これからも、困っている方の役に立てるようがんばっていきます。

松永 美佳子

 

コロナウイルス対策

コロナ禍の中、経済と感染予防の両立は大変です。

だんだん、市民の意識はルーズになり、人混みでも平気な状態が増えていっていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

ヨーロッパを見ると、第3波に襲われ、患者が急上昇しています。

経済を優先すると、感染が増えるようです。医療は崩壊寸前になっています。日本は対岸の火事を見るように眺めていますが、火の粉は日本にも飛んでくるのではないでしょうか。

コロナに感染して重症にならなくても、後遺症で苦しんでいる方は多数おられます。副作用は100以上に上るそうです。若い方も副作用に長期間苦しんでいます。やはり普通の風邪ではありません。

慣れてくると、感覚は麻痺します。緊張の維持はなかなか大変です。

しかし、習慣にしてしまえば、マスクも手洗いも苦痛ではありません。よけいな会議もしなくなり、時間の節約にもなります。

冬場は保湿が予防には必要です。アマニカスの各お部屋も保湿に努めます。いつか解放されるまで、我慢比べです。

つらいときこそ我慢です。みんなで声をかけあってがんばりましょう。

松永美佳子